「バベルの塔」展&タイLunch

ブリューゲルの「バベルの塔」が24年ぶりに来日しているということで行ってきました
@東京都美術館
この機会を逃すと次にいつ見れるのか、或いは見れないかもしれないですからね。
e0087008_15475687.jpg

ブリューゲルの作品は板の上に描かれた油彩画で、とてもデリケートなため
海外での展示は難しいそうですが、今回は所蔵しているオランダのボイマンス美術館が新館
を建設するのを機に日本での公開が実現したそうです。
「バベルの塔」以外にもブリューゲルの版画や同時代の他の画家たちの作品も多数
展示されていたのですが、それらの前は素通りして(そんな人は私達くらい!)
「バベルの塔」が展示されている所へと直行!
入口付近の展示前は人だかりとなっていましたが、早い時間帯だったので、「バベルの塔」の前は
まだ人が少なく、じっくりゆっくり見れました。

壮大かつ緻密・・・と聞いていた通り、米粒より小さな1400人もの人が描かれているのですが、
パンフレットで見れば判るものの、実物の前で目を凝らしてみてもそれらを見つけるのが
大変なほど繊細な描写!!
絵画に精通しているわけではないですが、そんな私でさえも魅了されて、暫く「バベルの塔」の前で
佇んでしまいました。
e0087008_15481645.jpg

「バベルの塔」と聞くと思い浮かぶのは「バビル二世」(笑)
お若い方はご存知ないアニメですが、その当時は「バベルの塔」の存在など知らずにいましたが、
改めて見てみると「なるほどね~」と思います。
e0087008_1556388.jpg

芸術に触れる度、もっと真面目に勉強しておくべきだったな~と年令と共に痛感しますが、
なんだかんだ言っても、やはり「花より団子」ですよ(笑)
ランチは御徒町駅前でタイ料理
e0087008_15581523.jpg

ゲルマン君はガパオライス、私はカオマンガイ
初めて入ったお店でしたが、生春巻やドリンクも付いたランチセットが950円とお安く、
味も本格的で美味し~い!
厨房を見たら、調理している人がタイ人だったので納得でした。
e0087008_1559173.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2017-05-11 18:00 | Art | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kyonpuhi.exblog.jp/tb/25763645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rabi at 2017-05-13 09:39 x
Hello♪です。
いや~、雨、すごいですね。

バビル2世、存じ上げております(笑) 古い人間ですので・・・。
あの当時、ふわ~と見てたので全然分かりませんでしたが、なるほど、そういう事ですね。

950円でこのクオリティー、すごいですね。
名古屋でこういうお店なかなかない気がします、って私が知らないだけかな??
Commented by kyonpuhi at 2017-05-13 14:56
rabiさん、こんにちは♪
週末は晴れてほしいですよね~
こちらも昼前から雨足が強くなってきました。

バビル二世ご存知で良かった~お仲間ですね笑。
あのアニメを知ってる人にとっては、
「バベルの搭」は名画ながら親近感を感じる
ような気がします。
良いものが見れました。

このランチがコスパ良かったので、また夜に
行ってしまいました!
また近々アップしますね。
Commented by desire_san at 2017-06-27 13:10
こんにちは・
私もブリューゲル『バベルの塔』展に行きましたので、ブログを楽しく拝見しました。ブリューゲルの『バベルの塔』で一番目を引いたのは、たくさんの漕ぎ手で進むガレー船が帆や索具も見えるほど克明に描かれていることでした。船は美しく見える角度から描かれ、様々な位置の船により、港の風景を見事に描いていることでした。ブリューゲルの『バベルの塔』は米粒ほどの人物や船の関所、建築現場の足場に至るまで緻密に描かれていて、この『バベルの塔』の物語が現実に起こっているようなリアルさと恐ろしさを感じました。

私はブリューゲルの『バベルの塔』の魅力も含めた感想と、かつて来日した作品や現地に行って見たブリューゲルの名画を紹介しながら、ブリューゲル絵画の魅力とブリューゲルの世界観・人間観を考察してみました。一度眼を通していただ抱けると嬉しいです。
Commented by kyonpuhi at 2017-06-27 16:36
desire_sanさん、こんにちは♪
コメント有難うございました。
私は大した絵画の知識もないまま「バベルの塔」展へ
行ってしまいましたので、desire_sanのブログを
ゆっくりと読ませていただき、勉強させて
いただきますね。