野毛でハシゴ酒② 「Bar Villapon」

ホッピー仙人で「いってらっしゃい」と見送られて向かった3軒目は、
これまた従姉妹が常連となっているBar びじゃぽん
国産のお酒だけに拘っているお店で、マスターは超イケメンで素敵な方です!

カウンター席とテーブル1卓のこじんまりとした店内は、女性にも入り易く、嬉しいことに禁煙!!
e0087008_11125922.jpg

私はハイボールの気分だったので、余市のハイボール
従姉妹はマスターお薦めの山形のしぼりたて濁りワイン「月山山麓ほいりげ」
e0087008_1142228.jpg

「ほいりげ」は、微発泡で、一口飲ませて貰いましたが、とてもフレッシュで美味しい!!
マスターが「このワインはあっという間になくなると思うので良い時にいらっしゃいましたね」と
言われましたが、品質管理などがとても難しい為、あまり流通しない幻のワインのようです。
e0087008_11192171.jpg

2杯目に、私は「ほいりげ」の白を頂きましたが、こちらも飲み易いワインでした。
e0087008_11193658.jpg

従姉妹は京都のジン
国産のジンもあるとは知らなかった~!
とても上品な香りで、こちらも美味しかったです。
e0087008_11132855.jpg

マスター手作りの「かまぼこピザ」が美味しくて何度か食べたことがありますが、
この夜は卵黄の醤油漬けをチビチビとお酒のアテにしました。
e0087008_11133843.jpg

最後も山形ワインのRouge
エチケットに書かれている「l’elevage en fut」はフランス語で、樽熟成という意味だそうで、
一度見たら忘れないインパクトのあるエチケットですね。
マスカットベリー種ですが、甘口ということはなく、芳醇な香りの辛口ワインでした。
e0087008_11155676.jpg

今回、山形のワインを飲んでみて、そのレベルの高さに驚きました。
国産ワインというと山梨、長野、北海道産くらいしか飲んだことがなかったので、
これから山形ワインにも注目してみたいと思います。
今回お邪魔した3軒共に美味しいお酒とお料理で、楽しい気分で帰宅の途につきました。
しかし、都内までの道のりは少々遠いな~

[PR]

by kyonpuhi | 2017-11-22 18:00 | Gourmet | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kyonpuhi.exblog.jp/tb/26209920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。