2008年 01月 22日 ( 1 )

充実の温泉旅行~Part-2~

創作料理を中心とした夕食と聞いていたので、どんなメニューが並ぶのか楽しみにしていました。
某有名ホテルでシェフをされていた方が、全てのお料理を一人で作っているそうです。
舟盛りには、珍しいムツのお刺身も登場し、
サラダには、たっぷりとウニソースがかかっています。
e0087008_135247.jpge0087008_1352017.jpg

サツマイモのポタージュの背後でスタンバイしている鮑の踊り焼きはバターとレモンで頂きます。
フォアグラのパテはオレンジソースとの相性が抜群でしたし、牡蠣のオーブン焼きも美味しくて、ソースまで完飲(笑)
e0087008_1381534.jpge0087008_1383070.jpg

和牛サーロインの石焼きは、超レアで食べたら、口の中で溶けました。
パティシエの経験もあるというシェフなので、デザートのアップルパイも凝っていました。
e0087008_13994.jpge0087008_1392521.jpg

写真以外にも、お口直しの白ワインのシャーベットやゴハンなどもサーブされました。
ありがちな旅館の夕食とは違い、かと言ってフレンチのような堅苦しさもなく、どれも素材が生かされた絶品のお料理!
ゲルマン君がオーナーに聞いたところ、シェフが食材の質に拘り、絶対に妥協されないそうです。
「これは明日の朝食も楽しみだね」と、相変わらず食への執着心が強い私たちでした。
[PR]

by Kyonpuhi | 2008-01-22 13:19 | Travel - Domestic - | Trackback | Comments(8)