2017年 05月 11日 ( 1 )

「バベルの塔」展&タイLunch

ブリューゲルの「バベルの塔」が24年ぶりに来日しているということで行ってきました
@東京都美術館
この機会を逃すと次にいつ見れるのか、或いは見れないかもしれないですからね。
e0087008_15475687.jpg

ブリューゲルの作品は板の上に描かれた油彩画で、とてもデリケートなため
海外での展示は難しいそうですが、今回は所蔵しているオランダのボイマンス美術館が新館
を建設するのを機に日本での公開が実現したそうです。
「バベルの塔」以外にもブリューゲルの版画や同時代の他の画家たちの作品も多数
展示されていたのですが、それらの前は素通りして(そんな人は私達くらい!)
「バベルの塔」が展示されている所へと直行!
入口付近の展示前は人だかりとなっていましたが、早い時間帯だったので、「バベルの塔」の前は
まだ人が少なく、じっくりゆっくり見れました。

壮大かつ緻密・・・と聞いていた通り、米粒より小さな1400人もの人が描かれているのですが、
パンフレットで見れば判るものの、実物の前で目を凝らしてみてもそれらを見つけるのが
大変なほど繊細な描写!!
絵画に精通しているわけではないですが、そんな私でさえも魅了されて、暫く「バベルの塔」の前で
佇んでしまいました。
e0087008_15481645.jpg

「バベルの塔」と聞くと思い浮かぶのは「バビル二世」(笑)
お若い方はご存知ないアニメですが、その当時は「バベルの塔」の存在など知らずにいましたが、
改めて見てみると「なるほどね~」と思います。
e0087008_1556388.jpg

芸術に触れる度、もっと真面目に勉強しておくべきだったな~と年令と共に痛感しますが、
なんだかんだ言っても、やはり「花より団子」ですよ(笑)
ランチは御徒町駅前でタイ料理
e0087008_15581523.jpg

ゲルマン君はガパオライス、私はカオマンガイ
初めて入ったお店でしたが、生春巻やドリンクも付いたランチセットが950円とお安く、
味も本格的で美味し~い!
厨房を見たら、調理している人がタイ人だったので納得でした。
e0087008_1559173.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2017-05-11 18:00 | Art | Trackback | Comments(2)