カテゴリ:Art( 9 )

運慶@東京国立博物館

先週に続く「芸術の秋」第2弾は、運慶@東京国立博物館・平成館
e0087008_10595828.jpg

ゲルマン君が「絶対に観たい!」ということで、大した知識もない私がくっついて行ったのですが、
本当に素晴らしかったです!!!
これは絶対に観るべき!必見です!
e0087008_111548.jpg

鎌倉時代の運慶の仏像が至近距離で、しかも360度から観ることが出来ます。
奈良・興福寺所蔵の仏像が多いのですが、興福寺で展示されていたら、国宝の仏像の裏側など
観れませんよね。
高さ2mを超える四天王立像、国宝・毘沙門天立像、仏頭などなど、圧倒的なオーラが感じられる作品
の数々が計算されたであろう絶妙な照明の下、これだけ同じ空間に展示されることはないかと思います。
ゲルマン君と予想以上の迫力に絶句しながら観て来ました。
e0087008_1112619.jpg

開催中にもう一度観に行きたいと思っています。

これを観に行った日は10月1日だったのですが、上野動物園へ向かう家族連れがかなり多くて
「パンダ効果かな~」と思っていたら、10月1日=都民の日ということで上野動物園は無料!
私達は入園しませんでしたけど、シャンシャンがお披露目になったら絶対に会いに行きます!
e0087008_1183631.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2017-10-04 18:00 | Art | Trackback | Comments(4)

ボストン美術館の至宝展@東京都美術館

ボストン美術館が誇る古今東西のコレクションが見られるというボストン美術館の至宝展で、
「食欲の秋」をお休みして、少しだけ「芸術の秋」を・・・
e0087008_1102071.jpg

今回一番の目玉は、ゴッホ作のルーラン夫妻
e0087008_1123411.jpg

二人揃っての来日で、二つの絵画が並んで展示されている所は人はそれなりに人がいましたが、
私が行った際に一番の人混みとなっていたのは英一蝶の巨大な「涅槃図」
e0087008_11141064.jpg

170年ぶりの里帰りだそうですが、経年による傷みが激しく、ボストン美術館でも17年前に一度公開されたきりで、その後、修復を行い、今回の来日となったという貴重な作品です。
これ以外にも、古代エジプト、中国、日本の江戸時代の美術品からセザンヌやモネ、ミレーなどのフランス絵画や村上隆さんやアンディーウォーホールまで幅広い作品が展示されていて、見応えあるのある展覧会でした。

場内は撮影禁止ですが、出口の手前にルーラン夫妻と一緒に記念撮影できるブースがありました。
私は撮っていませんよ(笑)
e0087008_1113430.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2017-09-28 18:00 | Art | Trackback | Comments(2)

「バベルの塔」展&タイLunch

ブリューゲルの「バベルの塔」が24年ぶりに来日しているということで行ってきました
@東京都美術館
この機会を逃すと次にいつ見れるのか、或いは見れないかもしれないですからね。
e0087008_15475687.jpg

ブリューゲルの作品は板の上に描かれた油彩画で、とてもデリケートなため
海外での展示は難しいそうですが、今回は所蔵しているオランダのボイマンス美術館が新館
を建設するのを機に日本での公開が実現したそうです。
「バベルの塔」以外にもブリューゲルの版画や同時代の他の画家たちの作品も多数
展示されていたのですが、それらの前は素通りして(そんな人は私達くらい!)
「バベルの塔」が展示されている所へと直行!
入口付近の展示前は人だかりとなっていましたが、早い時間帯だったので、「バベルの塔」の前は
まだ人が少なく、じっくりゆっくり見れました。

壮大かつ緻密・・・と聞いていた通り、米粒より小さな1400人もの人が描かれているのですが、
パンフレットで見れば判るものの、実物の前で目を凝らしてみてもそれらを見つけるのが
大変なほど繊細な描写!!
絵画に精通しているわけではないですが、そんな私でさえも魅了されて、暫く「バベルの塔」の前で
佇んでしまいました。
e0087008_15481645.jpg

「バベルの塔」と聞くと思い浮かぶのは「バビル二世」(笑)
お若い方はご存知ないアニメですが、その当時は「バベルの塔」の存在など知らずにいましたが、
改めて見てみると「なるほどね~」と思います。
e0087008_1556388.jpg

芸術に触れる度、もっと真面目に勉強しておくべきだったな~と年令と共に痛感しますが、
なんだかんだ言っても、やはり「花より団子」ですよ(笑)
ランチは御徒町駅前でタイ料理
e0087008_15581523.jpg

ゲルマン君はガパオライス、私はカオマンガイ
初めて入ったお店でしたが、生春巻やドリンクも付いたランチセットが950円とお安く、
味も本格的で美味し~い!
厨房を見たら、調理している人がタイ人だったので納得でした。
e0087008_1559173.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2017-05-11 18:00 | Art | Trackback | Comments(4)

The Art of ZEN From Mind to Form@Tokyo National Museum

先週のデトロイト美術館展に続き、今週はゲルマン君が見たいと言っていた
禅 ZEN@東京国立博物館・平成館へ。
e0087008_9155359.jpg

事前にゲルマン君より「Kyonpuhiには退屈するかもよ~」と言われていたので、
私もお付合い程度の軽い気持ちで行ったのですが、とんでもない!!
かなり見応えのある展示が並び圧巻でした。
高僧の肖像、書、仏像、絵画等、これほどの名宝を一度に見ることが出来る機会は
ないのではないでしょうか。

内容的に客層はほぼ大人なので、落ち着いて見ることが出来ました。
ゴッホも素晴らしかったのですが、個人的には「禅」は更に一見の価値ありかと思いました。
e0087008_9185371.jpg

さて、今回、私達が伺ったのは平成館で、こちらが東京国立博物館の本館
「平安の秘仏」は観に行くかな~?!
e0087008_9233185.jpg

同じ敷地内には、ネオバロック様式の表慶館や庭園もあったり、展示物以外にも
見るものが多いですね。
e0087008_9262732.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-11-01 18:00 | Art | Trackback | Comments(0)

デトロイト美術館展@上野の森美術館

青空が眩しいお出かけ日和だった日曜日。
ゲルマン君が 禅ZEN を見たいと向かっていたのですが、
e0087008_11213269.jpg

途中で行先を変更して、デトロイト美術館展 へ。
私としては、こちらの方がより見たかったので賛成!!
e0087008_1122717.jpg

海外まで足を運ぶことなく世界的に有名な絵画を近場で見ることが出来るのは有難いですね。
今回のデトロイト美術館展には、絵画に詳しくない私でも知っている
ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなどの名画が展示されていましたが、
私達が一番見たかったのはゴッホの自画像
この1枚を実際に見ることが出来ただけで十分です。

出口では、さわれる複製画も展示されていて、ゴッホの「オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて」
にタッチ。
本物を鑑賞した際、絵の具がかなり盛りあがっていて、重たい印象があり、気になっていた作品です。
e0087008_11241224.jpg

e0087008_11243298.jpg


しかし、なんだかんだ言いながら、私達の場合、やはり「芸術の秋」より「食欲の秋」です(笑)
イベントをやっていたので、新潟の地ビールとお焼きを買って噴水脇で!
ポカポカ陽気の中で飲む冷えたビールは最高ですね。
e0087008_11251839.jpg

シートとお弁当持参のグループも見かけましたが、昨日の気候だったら、一日中、寛げそうです。
e0087008_1129078.jpg

e0087008_1129532.jpg

芸大生作の御輿が展示されていましたが、大きさも含めて、かなり迫力あります。
e0087008_11342113.jpg

猪鹿蝶・・・懐かしいな~笑
e0087008_11343093.jpg

その流れで、芸大までお散歩。
朝早くから始動して、午前中だけでイイ運動となりました。
e0087008_11361811.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-10-24 18:00 | Art | Trackback(1) | Comments(2)

ボッテイチェリ展@東京都美術館

今月16日から開催されているボッティチェリ展@東京都美術館へ行ってきました。
e0087008_1201533.jpg

2014年に両親とイタリア旅行をした際、ウフィツィ美術館へも立寄ったので、サンドロ・ボッテイチェリの作品は観てきています。

今回、有名な「ヴィーナスの誕生」は来ていませんが、「東方三博士の礼拝」などウフィツィ美術館所蔵の作品が何点か来ていました。
(向かって一番右端に立って、こちらを見ているのはボッティチェリの自画像)
e0087008_1213154.jpg

既に以前に観た記憶はあやふやとなっていたので、新鮮な気持ちで鑑賞してきました。
芸術的センスや美術史等とは縁遠い私ですが、そんな私でも素晴らしい作品を前に心が洗われます。
それと共に学生時代にもっと真面目に勉強しておけば良かったと思います。
[PR]

by kyonpuhi | 2016-01-25 17:00 | Art | Trackback(1) | Comments(2)

ワイン展@国立科学博物館

ずっと気になっていたワイン展を覗いてきました。
e0087008_1093594.jpg

決してワインには詳しくないですが、飲むのは大好き037.gif
e0087008_940441.jpg

ブドウ踏み体験・・・もちろん踏み踏みしてきました。
e0087008_9404787.jpg

靴を履いたままでもプニュ~とした感触が伝わってきます。
e0087008_942393.jpg

館内はワインの歴史を中心に紹介されていて、ワインが紀元前からあったというのを知って驚きました。
日本には南蛮貿易を通じて入ってきたようです。

最近は、日本のワインも脚光を浴びつつありますね。
私も甲府のワイナリーへ行ったり、北海道の小樽ワインを自宅で飲んだりしています。
e0087008_9583598.jpg

密かに期待していたテイスティングはありませんでしたが(残念!)、ワインやグッズ等の販売はしていました。
e0087008_1013727.jpg

e0087008_1022499.jpg

この後も予定がありワインは買わずに出てきましたが、「今晩はワイン飲むぞ~!」と思ったのは
言うまでもありません(笑)
e0087008_1010069.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2015-11-22 11:00 | Art

プラド美術館展@上野・東京都美術館

暖かい陽気の中、上野へお出かけ。
お花見組あり、上野動物園組あり、美術館組ありで、上野駅公園改札口は通勤ラッシュ状態でした。

私達は桜が気になりながらも、まずは東京都美術館で開催中のプラド美術館展へ。
e0087008_17123947.jpg

今回は16~18世紀の作品が展示されています。
昨年11月に行った「HOKUSAI」は入館するのにかなり並びましたが、今日はスンナリと入れました。
絵画に精通しているわけでもなく、アーティスティックな感性もゼロの私でさえ、
しばし引き込まれてしまう素晴らしい名画の数々・・・これらが16世紀に描かれていたとは。
e0087008_1713678.jpg

美術鑑賞後はお花見。
絵画に続き、満開となった美しい桜で、またまた目の保養ができました。
e0087008_17133234.jpg
e0087008_17135497.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2006-04-02 17:16 | Art

HOKUSAI@国立博物館

昨日は、ずっと行きたいと思っていた葛飾北斎展@国立博物館へ。
お天気が良い日曜日ということで、上野動物園へ行く家族連れや北斎展やプーシキン展などへ
行く人たちで上野駅はかなり混雑してました。
人混みをかきわけ、国立博物館に到着すると、予想はしていましたが、入場まで1時間待ち!
「やっと入れた~」と思っても、館内もまたすごい人で、人の頭を見物に来ているような状態なので、
冨嶽三十六景や美人図などポイントを絞って見てきました。
結構、メトロポリタンが所蔵しているコレクションが多いんですね。
あまりの人混みだったので、「メトロポリタン美術館で見ようか~」とゲルマン君と言ってみたり・・・笑
プーシキンも見に行きたいのですが、こちらも混んでいそうですね~
有名な神奈川沖浪裏のポストカードだけ買って、早々に退散してきました。
e0087008_13122934.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2005-11-28 13:14 | Art