カテゴリ:Travel - Macao -( 6 )

Birthday Trip to Hong Kong & Macao ~ザ・ヴェネチアン見学~

コタイエリアには、サンズ、ギャラクシー、コンラッド、シェラトン、グランドハイアット、ハードロック、
バンヤン・ツリー、ホテルオークラ等など有名な大型ホテルが数多くありますが、その中でも
全室スイートという豪華ホテルザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートへ行ってみることにしました。

市バスを下車すると先ず視界に飛び込んできたのはエッフェル塔のレプリカ
e0087008_14371318.jpg

今年末にオープン予定のホテル・パリジャンです。
e0087008_1429994.jpg

一度だけ御本家ラスベガスを訪れたことがありますが、この巨大なスクリーンの感じとか
どことなく雰囲気が似ているような・・・もちろんベガスのストリップの方がもっと賑やかで華やかでしたけど。
e0087008_14314588.jpg

e0087008_14315461.jpg

猛暑のせいなのか、外を歩いている人は誰もいません。
私たちも早々に涼しい場所へ避難ということで、巨大ホテル「ザ・ヴェネチアン」へ!!
e0087008_14354240.jpg

一歩足を踏み入れてみると、いきなりキンキラと眩しいほどゴージャス!!
天井も高く広々としていて、豪華絢爛な内装で、ホテルというよりヨーロッパの大聖堂やお城に来ているような感じがします。
e0087008_14402473.jpg

e0087008_14403164.jpg

カジノの広さは世界イチ、ショッピングモール等も併設していてアジア最大級のアミューズメント施設と言われています。
e0087008_14441447.jpg

ホテル名からもわかる通りベニスをテーマにしていて、運河が流れ、ゴンドラからはカンツォーネも聞こえてきます。
e0087008_144268.jpg

e0087008_14421847.jpg

室内とは思えないほどリアルな街並み。
写真を通してみると、「どう見ても室内じゃん!」と言われそうそうですが、実際にこの場所に居ると
ホテルから屋外に出たような錯覚を起こします。
ゲルマン君と共に驚きの連続で、ポカーンと口が開いていたかも(笑)
e0087008_1445346.jpg

e0087008_14451310.jpg

e0087008_14452221.jpg

大人気の出前一丁は、あちこちで見かけました。
e0087008_14561522.jpg

今回、カジノは見学しただけですが(カジノ内は写真撮影禁止)、99.9%大陸からの方で大盛況。
あまりに広くて迷子になりそうになりながら、フェリーターミナル行きの無料シャトルバス乗り場へ。
カジノでお金を1銭も落としていませんが(笑)、乗せていただきました。
e0087008_14564661.jpg

復路も同様にフェリーで九龍へ。着席した瞬間、爆睡でした。
初マカオ・・・世界遺産やカジノなどを見学し、マカオタワー以外は、所謂「マカオの観光名所」はサラっとですが、周ることができました。
ポルトガル料理を食べれなかったのは残念でしたが、あまりの暑さにお店を探す気力もなければ
食べる気にもなれなかったのが正直なところです。
しかし、自分でも感心する程、暑い中を本当によく歩きました~!!
[PR]

by kyonpuhi | 2016-07-02 10:00 | Travel - Macao - | Trackback(1) | Comments(0)

Birthday Trip to Hong Kong & Macao ~マカオで牛乳プリン~

本日はまたまたマカオ旅の続きをアップさせていただきます。
e0087008_11163334.jpg

セナド広場の近くに牛乳プリンの有名店があるということで行ってみることになり、地図を頼りに歩き始めましたが、あるはずの場所にない!
「地図が読める女・Kyonpuhi」ですから(笑)、絶対に道は間違えていないはずなのに~
e0087008_1144714.jpg

Informationセンターで確認したら、なんと移転していました。

汗だくなりながら、やっと義順牛奶公司を発見。
香港にも何軒か支店があり、こちらが本店だそうです。
e0087008_1141492.jpg

牛乳プリン以外にも色々なメニューありますが、お客さんの9割は牛乳プリンを召し上がっていましたね。
e0087008_1111393.jpg

もちろん、牛乳好きのゲルマン君も迷わず牛乳プリン(HK$30)
e0087008_11123236.jpg

しかし、私は牛乳が苦手なので、ココナッツミルクパイナップル氷(HK$33)
e0087008_1113232.jpg

かき氷みたいなものを想像していたのですが、冷たいココナッツミルクの底にパイナップルがゴロゴロと入っていました。
不味くはないけど、もし再訪しても、これはもう頼まないな~
伺う前にメニュー内容をちゃんとチェックしておくべきでした。

さて、そろそろセナド広場@マカオ半島に別れを告げ、再び市バスで移動しましょ!
e0087008_11205811.jpg

e0087008_1121887.jpg

e0087008_11222286.jpg

フェリーから見えたこの橋を渡って、タイパ島とコロアン島の間にある埋立地のコタイエリアへと向かいます。
e0087008_1119577.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-06-28 18:00 | Travel - Macao - | Trackback | Comments(0)

Birthday Trip to Hong Kong & Macao ~幸福軒點心でブランチ~

まだ開店前のお店が多い中、「お腹が空いたな~」と路地をウロウロ。
e0087008_1245096.jpg

世界遺産の建物のすぐ裏には庶民の生活が垣間見れたり
e0087008_12455595.jpg

e0087008_12461914.jpg

異国情緒のある場所があったりします。
e0087008_12465643.jpg

e0087008_1247638.jpg

インドネシア料理店に遭遇!
でも、マカオでインドネシア料理を食べるのも如何なものかと思っていたら・・・
e0087008_12482287.jpg

e0087008_12482983.jpg

幸福軒點心がオープンしているのを発見。
e0087008_12502812.jpg

日本語はもちろん英語のメニューもなく、お店のオバちゃんが
「お店の入口に並んでいる料理を見て決めなさい」というような事をジェスチャーを交えて
言っています。

私たちが席でモタモタしていたら、急かされましたが(笑)、決して感じが悪いわけではありません。
言葉は通じなくても、優しさや温かさは伝わってきます。

常連さんが多いようで、勝手に引き出し開けてハサミ出したり、皆さん勝手知ったる他人の家状態。
e0087008_12553217.jpg

指差しでお願いしたのは鶏足、焼売、叉焼まんじゅう
素朴ながら、どれも美味しく、3品でHK$ 56(750円位)
e0087008_1258478.jpg

冷たいビールを飲みたかったのですが、オバちゃんに「無い」と言われ(そんな事ないと思うんだけど笑)
半強制的に温かいお茶になりました。
でも、ビールを飲んでも汗になるだけだし、温かいお茶で却って良かったのかもしれません。
e0087008_12585819.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-06-24 08:00 | Travel - Macao - | Trackback | Comments(0)

Birthday Trip to HongKong & Macao ~マカオ歴史地区散策~

フェリーターミナルから、先ずは
ポルトガルの植民地時代の建物や広場など30の世界遺産があるマカオ歴史地区へと向かいます。
16世紀から東洋と西洋の文化が共存してきた街並みが残っているエリアです。

マカオはタクシー料金も安いようですが、地元の方に混じって更にお安い市バスに乗車します。
ちなみに、マカオの通貨はパタカですが、香港ドルも使えるので両替の必要はなし。
パタカが余っても香港では使えないので、お釣りで貰ったパタカはマカオで使い切ってきました。
e0087008_11385982.jpg

セナド広場の前で下車。
奥に見える建物は中央郵便局です。
e0087008_11392764.jpg

石畳のセナド広場の奥に見えるクリーム色の建物内にはInformationセンターが入っていて、私たちもお世話になりました。
e0087008_11401030.jpg

広場の目の前には、民政総署ビル
e0087008_11415363.jpg

e0087008_11421535.jpg

殆どのお店がまだ閉まっていましたが、パン屋の店先から空腹を刺激する香りが・・・
e0087008_11433979.jpg

マカオ名物のエッグタルトを食べましょ!
出来立ての温かいエッグタルトは、甘さ控えめで卵の味が口の中に広がります!
美味し~い!
e0087008_11451595.jpg

この後、別のお店でも食べてみましたが、最初に食べた方が好みでした。
値段は、何処も同じでHK$10
e0087008_11452660.jpg

黄色と緑のコントラストが可愛いらしい聖ドミニコ教会
e0087008_11534895.jpg

青空の下、とっても映えますね!
e0087008_1152942.jpg

香港同様、かなり蒸し暑いマカオですが、歩いて周ります。
e0087008_11555074.jpg


1835年の火事により、教会の正面部分だけが焼け残った聖ポール天主堂跡
遠くから見ると絵画のようにも見えます。
大陸からの観光客が大勢いらっしゃいましたが、午前中の早い時間ということで空いている方だそうです。
66段の緩やかな石段を上がっていきましょ!
e0087008_11574470.jpg

ファザードの彫刻が素晴らしいです。
e0087008_1261688.jpg

e0087008_13424810.jpg

上からはゲルマン君お気に入りのリスボアが見えます。
e0087008_1343168.jpg

e0087008_128144.jpg

まだまだ世界遺産はありますが、聖ポール天主堂跡が見れれば、私たち的には十分に満足です。
それに、、、、エッグタルトではお腹が満たされず(笑)、とにかく涼みたいので、ひと休み出来そうなお店を探しましょ!
e0087008_1227465.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-06-22 18:00 | Travel - Macao - | Trackback | Comments(0)

Birthday Trip to HongKong & Macao ~フェリーでマカオへ出発~

私は今回が初マカオ!!
昨年、ゲルマン君は上環からマカオへ渡っていますが、
今回はホテルから程近い九龍(尖沙咀)のチャイナフェリーターミナルから出発です。

早朝のカントンロードは昼間の喧騒が嘘のように静かです。
e0087008_11521036.jpg

乗船する朝イチの澳門行きフェリーは、私達以外は大陸からの団体さんオンリー。
お揃いのキャップをかぶり、添乗員さんから配られたパンを頬張り、朝からとっても元気です。
ついつい私達は無口になっちゃいます(笑)
e0087008_11522751.jpg

e0087008_11531352.jpg

e0087008_11542090.jpg

e0087008_11544611.jpg

想像していたよりも割とキレイな船内で(失礼)、窓際の二人席をシーティングして貰えました。
とっても賑やかな団体さん達に囲まれたら、どうしようかと心配していたので、良かった~笑
e0087008_1153058.jpg

e0087008_1153242.jpg

フェリーは大した揺れもなく、快適な乗り心地で、1時間でマカオ半島へ到着!!
e0087008_1273743.jpg

e0087008_128711.jpg

あっという間の船旅でした。
e0087008_11554648.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2016-06-20 18:00 | Travel - Macao - | Trackback | Comments(0)

ゲルマン香港旅 ~澳門へ~

香港は4回目ですが、今回が初マカオとなります。
上環にホテルをとったのもフェリー乗り場が近かったせいで、フロントで色々聞いたら、
週末は混むから外したほうが良いとのこと。
カレンダーと天気を見つつのマカオ行きです。

カウンターで二等のチケットを買って、乗船口傍でシーティングしてもらいます。
チケットは時間帯で値段が変わります。
e0087008_2337426.jpg

e0087008_23371835.jpg

フェリーは乗船時には半端ない揺れで、船酔いがかなり心配されましたが、水の上を穏やかに滑って進みました。
e0087008_2338451.jpg

マカオに着いたら、とりあえずフリーのバスに乗って、マカオのシンボル・リスボアを目指します。
e0087008_23385163.jpg

マカオのカジノは今やラスベガスを凌ぐらしいですが、博才はないので外から覗いて、
そのままスルーして、市バスに乗ってタイパを目指します。
マカオは市バスが分かりやすいので、地元人と一緒に混ざって動きます。
e0087008_23392422.jpg

e0087008_23405247.jpg

e0087008_23412047.jpg

タイパセナド広場の素晴らしい景色をしっかり目に焼き付けてきました。
e0087008_23413479.jpg

e0087008_23414882.jpg

色々と見て回るには時間が足りず、駆け足でのマカオ滞在となりましたが、
大好きなエッグタルトは忘れずに食べてきました。
e0087008_2342213.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2015-10-14 08:00 | Travel - Macao - | Trackback | Comments(2)