人気ブログランキング |

Kyonpuhi & The City⑰ ~ワシントン1 day trip後編~

桜並木が日本人には馴染みのあるポトマック川を渡ると
アーリントン国立墓地があります。
e0087008_1150351.jpg

戦没者や国のために尽くした方々の墓地で、歴代の日本の首相も必ず献花に訪れていますね。
e0087008_1151365.jpg
かなり広大な敷地で、リスも伸び伸びしています。
e0087008_1152721.jpg
ここに埋葬されている大統領は2人で(他の方は自分の故郷の墓地に)、その1人は
第35代大統領ジョン・F・ケネディ氏。
e0087008_11524033.jpg
享年46歳という若さだった彼は、まだ人生が燃え尽きる前に逝ってしまっただろうという事で、天国でまだ燃えて貰いたいという想いから、Eternal Flameが彼の墓碑の後ろにあります。
e0087008_115368.jpg

隣にはジャクリーン夫人の墓碑。オナシスの姓も記されていますが、ここに埋葬されたんですね。
e0087008_11533569.jpg
その後、国防総省ペンタゴンを車窓から見ることができました。
e0087008_11541679.jpg
e0087008_11542546.jpg
あの忌まわしいテロの被害を受けた後、アメリカの威信をかけ、猛スピードで突込まれた壁の修理を行ったそうです。
誰かの手が入ってしまってますが、修復した跡の壁の色が違うのがわかるでしょうか?!
e0087008_11583788.jpg

遠くからでは全くわかりませんが、テロを忘れないために、あの壁の中に焼け焦げた黒い壁が小さく残っているそうです。
最後は、計18の美術館、博物館があるスミソニアン協会の航空宇宙博物館へ。
ちなみにワシントンの博物館や美術館は無料です。
e0087008_122297.jpg

飛行機好きなゲルマン君は、子供のように目を輝かせていましたが、私は・・・汗
e0087008_1225163.jpg
e0087008_1232258.jpge0087008_1233483.jpg
e0087008_1245542.jpge0087008_125516.jpg
これはCAが誕生した頃のCAになるための条件。
e0087008_1272635.jpg
アポロ11号も展示されています。
e0087008_124058.jpg
e0087008_124975.jpg
ただ、ここにエノラゲイは展示されておらず、航空宇宙博物館の別館にて、24時間体制で厳重な監視下のもとにあるそうです。
心情的に見たくない方もいらっしゃるとは思いますが、私達は見たかったです。
慌しく周ったワシントンDCでしたが、NYとは違った雰囲気があり、国の中枢機関を見る事も出来て、充実した旅でした。
e0087008_1263324.jpg

by Kyonpuhi | 2009-04-15 12:15 | Travel - New York -