コタキナバルの旅 ~「森の人」に会いに~

コタキナバルのあるボルネオ島はネイチャーアイランドと呼ばれる自然溢れる島で、
東南アジア最高峰のキナバル山もあり、オラウータンが生息する場所として有名です。
オラウータンは、マレーシア語(インドネシア語とほぼ同じ)で、Orang(人)、Utan(森)で、
「森の人」という意味です。


前回はコタキナバルから飛行機でサンダカンにあるオラウータン保護区まで行ったのですが、
動物園ではなく保護区ということで、期待していたオラウータンの赤ちゃんには会えずに終わってしまいました。
20年前の話しですから、今はもしかしたら確実に会えたりするのかな?
今回はサンダカンまでは飛ばず、ホテルから車で40分くらいの場所にある
ロッカウィ・ワイルド・ライフパークというマレーシア固有の動物がメインの動物園

行ってみました。
e0087008_13563265.jpg

観光客だけでなく、地元の方も多く、入場料はマレーシア人とそれ以外の人とでは違います。
e0087008_13565113.jpg

山の中にあり、木が生茂る広い園内なので、地図がないと迷いそう!!
e0087008_1449515.jpg

ボルネオ象はお食事中。
e0087008_1435268.jpg

柵が低いので逃げ出さないのかしら?と心配したのですが、電流が流れている線がありました。
動物だけでなく、人間もうっかり触ったら大変です(汗)
e0087008_1441393.jpg

遠くから唸り声が聞こえていたマレータイガー
e0087008_14122425.jpg

お目当てのオラウータン
e0087008_14155441.jpg

e0087008_14143999.jpg

赤ちゃんはいませんでしたが、子供のオラウータンがいました!!
e0087008_141933.jpg

とっても愛らしい顔をしていて、ずっと見ていても飽きません。
やはりオラウータンエリアが一番人が多かったですね。
e0087008_1419988.jpg

名前の通り天狗のような鼻をしているテングザルもお食事中。
e0087008_14215698.jpg

e0087008_14222589.jpg

真っ黒な毛並みが艶々としていたマレーグマは木の上でお休み中でした。
e0087008_14244213.jpg

日本の動物園と比べるとかなり間近で動物達を見ることができます。
e0087008_14414372.jpg

e0087008_1444596.jpg

e0087008_14441737.jpg

e0087008_14485486.jpg

爬虫類系も数多くいたのですが、好き嫌いが分かれるかと思いますので、写真アップは止めておきますね。

ちなみに、この動物園へ行くのに自分達で車をチャーターすることも考えたのですが、
ホテルのコンシェルジュで現地ツアーを紹介してくれたので、それを利用しました。
急遽、思いたって行くことにしたのですが、結構楽しめました~001.gif
e0087008_1450486.jpg

[PR]

by kyonpuhi | 2015-01-25 09:00 | Travel - Malaysia - | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyonpuhi.exblog.jp/tb/22750130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。